充実したデリヘルライフを送りたいならオヤジに習え!!

リアルな世界では充実しなくともデリヘルさえあれば生きていけるというオヤジなら、女の子たちから嫌われないルールを知っているのである

*

千葉のデリヘルで男のステイタス自慢は歓迎されない

      2016/08/17

男ならば自分のジョニーの大きさや形に対してコンプレックスを持っていたりするものである。大小や左右の向き、玉タマの感じなど細かく挙げていけばきりがないほどに気にするものだ。
射精のタイミングも早い遅いがあるが、今回は外観的にステイタスを見出すことのおおい男性に対して留意して欲しい点があることをお伝えしておこう。
特にジョニーの大きさにコンプレックスを持っているというのは日本人ならかなりの割合で多いものである。そう、ポークビッツレベルの大きさを誇るジョニー君の持ち主である。
元カノ、セフレ・・・体を重ねてきた女性に別れ際必ずと言っていいほど放たれるのは鼻で笑われながらのジョニーの大きさへのクレーム。ただでさえ傷ついているのにトドメを刺されたような感覚にもなる。デリヘルを千葉で利用する際にも絶対同じことを思われてしまうのではなかろうかと心配になる。しかし、彼女たちはそんなことは全くもって気にしない。
むしろ、ジョニーが外国人サイズだと逆に嫌がられるものである。
デリヘルでは挿入する行為がないため、千葉の女の子たちは手や口(あるいはお尻にある菊の紋)を駆使してプレイを充実させてくれる仕事である。当然、でかいジョニーの持ち主はアゴは疲れる上に握力を使うため腱鞘炎になるのではないかというほどに体力的な消耗がどうしても激しくなるものである。
プライベートでは『どうだ!』と言わんばかりにジョニーを見せびらかすことのできる男性も、デリヘルでは少々厄介な客の仲間入りなのである。
対するポークビッツジョニー君は、その可愛らしいサイズ故に女の子のお口にもピッタリと収まる大きさである。さらに感度がよい客であれば、なおさら女の子たちは大喜びである。単純にプレイで消耗する体力が最小限に押さえられるというエコができているのである。
千葉のデリヘルではそんなハイブリットな性能を持っているジョニーに感謝せずにはいられなくなるだろう。もしも男のシンボルである性器の大きさにコンプレックスを持っていてデリヘルに行くのを断念している千葉の若造は人生損していると言える。今すぐ勇気を持って電話してみるべし。
自分のジョニーの心配をしなくてもいいとはいえ、初めてのデリ遊びでも安心して利用することができる店を探すことも大切なことです。
心から安心して遊ぶことがでる千葉のデリヘルでコンパニオンに全てを委ねられるくらいに心も体も解放させられる子を探すべきですね。
そうなるにはやはり何度か通うことが一番早いということもあるので、デリ遊びは急がば回れということでしょうか。

 - DOPEなデリヘルライフ

  関連記事

no image
栄町のデリヘルプレイ中の快感はプライスレス

栄町でそこそこの女の子のレベルと、教養と、プレイのレベルを求めるとデリヘルという …

no image
デリヘルで良い匂いをさせたがる中年

プライベートでもデリヘルでも、年をとると気になってくる『加齢臭』。 特に女の子と …

no image
デリヘルで下心たっぷりな質問にガッカリ

デリヘルを利用しているんだから、とここぞとばかりに下ネタをバンバン話すおじさん。 …

no image
松戸のデリヘルでは自慢じゃないが不細工がモテる

世の中の女性たちは『私は性格重視だから』とは公言するもののその後には必ずと言って …

no image
船橋のデリヘルで感度UPさせるための禁欲期間

船橋でもデリヘルに行く前にオナ禁していくと感度が上がるらしい。 というのは誰でも …

no image
うっかりに気をつけたいデリヘル利用時のNGワード

国内のデリヘルで遊ぶ時には利用するコースの長さによって、自分のジョニーの持続力に …